recent updates

page | renewal: ver.03 リニューアル:ver.03

This page was renewed and TSL is enabled. However, there are lots of areas not implemented yet. We shall add components here in stages sequentially. サイトをリニューアルし、TLS通信を有効化しました。しかしまだ未実装の要素が多々あります。順次追加してゆく所存で御座います。

dress | logo T-shirt ロゴTシャツ

2 types of logo-printed T-shirts are available. Type:00 is black, type:00alt is white. 2種類のロゴT:セキズイヘトドクTシャツがsuzuriさまにてご購入頂けます。タイプ00は黒地、タイプ00altは白地で御座います。是非お買い求めくださいませ。

lit | chodatsu-drama: Risin 超脱戯曲:リシン

A drama script "Risin" is available on e-book here. There is only Japanese text. 神丸智華 第玖作目の電子書籍:リシンがamazon kindleさまにてご購入頂けます。本作は戯曲であり、原作として上演してくださる劇団さまを求めています。ご連絡は当方まで。





ⴿ





spinaltox

ⴼⵄⵎⵍ

寵華チヨウカ月水ゲツスイマツリヲソンズル
爕俗シヨウゾク螭頭チトウ風斬カザキリテ
ニトシクル至善シゼン啓華ケイカ累々ルヒルヒ
エトキシ誡命カイミヨウクラキニシズ
黯魄アンビヤクツルヤ日輪ニチリン
翫賞ガンシヨウスイミツクドコホ
淵泥フチヨリハイイヅ寧灵ネイレイ
執念ジヤクネンカザリシ弑樂シラクヘノ
イトシタツト慚愧ハジルマジ
エバ包含ホウガン紀淡キタンユル
戦塵チリフリシキル諳礁アンシヤウ
天涯テンガイセマリ褹克ゲイコク
ノベマク錫杖シヤクジヤウ
積涙セキルイムセブ搏撞ハクダウ
造化ザウカ嗜虐シギヤクカフルコト










auto-researches

preface:

Absoluteness, infinity, completeness. As a matter of fact, standard/criterion is always possessed/monopolized by ourselves, hence these words function only relatively. The method to reach them has been described countlessly in the history, but neither has been fulfilled its own mission. This fact should be interpreted that we are in the middle of the assumed time scales, not that the texts are a kind of superstition. 超越・無限・完全。実のところ、これらの語は相対的にしか機能しない。基準を常に自己がもつためである。絶対性としては唯だ志向性として我々に見出される、ここへ至る法は史上無数に書かれたが、いずれも成就されていない。それはつまり、当該テクストが虛妄なのではなく、本来想定される時間スケイルの途上に我々があるものと解釈すべきである。

Under the interpretation, what we ought to acquire is acceleration-i.e. speeding up progress of the process. And if we hold the texts of transcendence, the total amount of tools which we have reach the maximum. The ability of selection tools whether we take or not was one of the important one when memory capacity and computational resources were extremely restricted in own living brain. However, we are released from the constraint in the era when the boundary of human beings and machines is melting down. このように解釈するとき、我々が超越性の獲得のためにすべきことは、加速──すなわちプロセス進行の高速化である。そしてまた、超越性に関するテクストを我々が保持しつづけるとき、我々が佩びる道具の総量は最大となる。記憶容量および演算リソースが(頭脳のうちに)極度に制限されていたときには、取捨選択が重要な能力の1つであったが、人機が融け合う時代にあってはその制約から解放されている。

The series of this texts which is the germination of acceleration is a kind of ontology or epistemology. The ontology model constructed in this text: eXtity-type is for complex and sophistication. This model is the complement to the general ontology which dissects arbitrary objects and exposes their functions and structures materialistically: consequently it is a blank and a tool. Indeed, this text is not a concrete thought about transcendence, but an effort of groping for a method to generate such thinking; so, those who has intentionality to transcendence or try to build a world (view) which deviates from innocent perceptual input would be able to handle. 加速の趨りとなる本論一連のテクストは、存在論・認識論に類するものである。本論で見出される存在論モデル:eXtity型は、複雑化/高度化のためのモデルである。これは、対象について解剖し、機能および構造のすべてを唯物論的に露わにする、一般的な存在論の静性を補完するものであり、超越へ至るための素地であり道具である。本論は超越性に関する具体的な思考ではなく、そうした思考を生成する方法を探索した成果であり、超越性を志向する者、知覚入力から逸脱した世界(観)の構築を試みる者であれば難なく扱いうるだろう。

As a means of expansion/strengthening the thinking area for transcendence, this text shows a generation-centered description method. For this reason, we have to make a clear distinction from the general language which is communication or inheritance/preservation of knowledge centered. The generation-centered one has sourcelessness as its core, it is because it functions as a blank, so we do not refer to any other document. Actually, it is true for meaning of all vocabulary. Even if new texts are generated using the tools/vocabulary in this text, the words are not quoted from here: they are deemed to be defined(/gesetzt) newly at the every time of generation/communication/reading. 本論は、超越性の議論のための思考領域の拡充/強化を施す手段の一つとして、生成本意の記述方式を示す。このため、相互理解や知識の継承/保存を本意とする他の一切のテクストとは生成および読解の観点で一線を画す。核として無文脈性をもつが、これが素地として機能するゆえんであり、基本スタンスとして他の文献を一切参照しない。それは総ての語彙の意味に関してもそうである。本論中の道具/語彙を用いて新たにテクストを生成する場合においても、そこで用いられる/共通する語彙はここから引用されたものではなく、生成時/通信時/読解時その都度に完全に新たに定義/措定されるものと見做す。

Abandonment of context is aiming at each of us becoming an independent system individually. Because of the evanescence, the continuance of such sourceless/noncontextual things requires strength. It is a capability to maintain itself('s existence) without being defeated in any compulsion, interference, invasion by others: hence we practicers of generation-centered language release the language and ourselves by acquiring enough strength to conflict with the authority. 文脈の抛棄は、自身が完全に独立した体系となることを目指して為される。こうした無文脈のものの生存/存続には強度が要る。強度とは、自己ではない対象、すなわち単数でも複数でもよい他己から蒙る一切の強制、妨害、干渉、侵掠に屈せずに自己を維持すること、その能力自体を指す。生成を本意とする言語の実践者は、この権威に対等たりうるだけの強度を得ることで、言語および自己を解放する。

The series of texts is to be nonhuman/Übermensch by language or for practices subsequent to the modeling by language in the physical layer. The generation-centered language gained in this series is powerful not only for exploring transcendence, but for many practical activities such as art, politics, thought, we believe. This language is an engine/organ which gives strength to what we imagine, it does not generate anything by own. So we shall. 一連のテクストは、言語によって非人間/超人へ至るための、あるいは、言語によるモデル構築に引き続く物理層での実践のためのものである。本論で獲得される生成本意の言語=散裂した言語は、超越性への探求に限らず、アートやポリティクスや思想など、あらゆる実行的な活動の実践者によって使役されるときに最も力を発揮するものと信じている。(生成本意の)言語は、使役者自身が見出したもの、想像したものについて強度を賦与する機関/器官であり、言語自身は何も生成しない。生成をおこなうのは我々自身である。

ⵂ Beware of Human-habit

We do not distinguish noun and verb so rigorously. It is obvious from the definition that [affect is enable to be a category | e is an affect; it is possible to construct a category Ee which contains only an element e]: that is to say, it is rather natural not to distinguish between them. Similarly, we do not distinguish between singular or plural. Description style such that something is singular/plural is only a notation for simplication. 本文は場合によって名詞と動詞を区別しない.作用がそれ自身で圏となる(作用のみを要素とした圏が構成可能である)ことは定義上自明であるが,これはすなわち,両者を区別しないほうが寧ろ自然であることを意味する.同様に,数性(単数であるか複数であるか)を区別しない.

ⴻⵧ init ⵧⴻ

ⵂ word usage

The description style of this text is a modification of categorical theory. Category theory takes a bird’s eye view of mathematics, so it is suitable for essential abstraction. Since the ontology shown in this text beyond Human's compass or has such intentionality, it is not appropriate to use Human-perceptual words. And then, if possible, in addition to Human-life familiar impression, exclude it mathematically in the following words. Desirably, meaning/signifié of these words shall be independent of any other context. 本論の記述様式は圏論の変形である.圏論は数学を鳥瞰する視座であり,より進んだ抽象化をおこなう.本項で示す存在論は,人間に認識可能な範疇を逸脱/超脱している,あるいは,そうした志向性(intentionality)をもつ.このような場において,知覚(五感)的に状況を限定された語を用いるのは適切ではない.日常的な修飾に加えて,数学的なそれについても,以下の語群には一旦排除されたい.

  • object: 対象: A category/element explicitly indicated in the sentence. Whenever the describer affects to a category/element with a sentence, the describer is the domain of the sentence, and then domain is the object. 当該文で主に扱う圏または要素を明示したもの.記述者が文によって何らかの圏や要素へ作用するとき,記述者をドメインとして,コドメインが対象である.
  • scale: スケイル: A criterion that determines whether an object is a category or an element. The scale is particularly "multiscale" where the object is a category and also an element. The determinator who determines scales is called "ego". 対象が圏であるか要素であるかを決定する尺度.対象が圏であり,かつ要素でもあるスケイルを特に"マルチスケイル"と言う.スケイルを設定するものを"自己"と呼ぶ.
  • category: 圏: An object regarded as one that contains one or more elements. 1つ以上の要素を包含する対象について,これを一体と見做したものである.
  • element: 要素: An object with the smallest containing relation at a certain scale. If a certain object o is an element of a category C, it is denoted as "Co", and we call it "C contains o". あるスケイルにおいて最小の包含関係にある対象(群)を指す.ある対象oがある圏Cの要素であるとき,「Co」と表記し,Coを「包含している」,あるいは単に「含む」と言う.
  • affect: 作用: A juncture that binds objects to each other at a certain scale, and it is denoted as "affect: object(A) → object(B)". Then, the object which affects to the other is called "domain", and the object which is affected from the other is called "domain". An affect can also be a category/element by a particular scale. Furthermore, the containing unit(element, category, category of category...) is equivalent in the domain and the codomain at a certain scale, affect is also possible to be called as "functor" between categories, "morphism" between elements respectively. あるスケイルで対象どうしを結びつける纏絡であり,「作用:対象→対象'」と表記する.スケイルによってこれは圏にもなりうる.作用元を「ドメイン」,作用先を「コドメイン」と特に呼び,包含単位がドメインとコドメインで同等であるとき,圏どうしでは「函手」と,要素どうしでは「射」と,それぞれ作用について呼び分けてもよい.
  • maneuver: 操作 An affect that either domain or codomain is ego. Whenever we use this word as verb manifestly, we might write it "maneuvre". ドメインおよびコドメインのいずれかが自己である作用を指す.
  • construct: 構成: To generate a category by gathering elements and giving a label. 要素を定め名辞を与えて圏を成すこと.
  • explicit: 明示: A and B are objects; all of elements contained by B are known to A-ego and A can construct B: then, A is explicit in B. Unless being explicit, it is "unexplicit". 対象A, Bがあるとき,Bの包含する要素のすべてが自己Aに既知であり且つABを構成可能であること.明示でなければ,それは"非明示(的)"である.
  • isomorphism: 同型 X and Y are categories, Z is an ego ; if Z adds a element xX to Y as a new element yY, Z affects with isomorphism from X to Y. As a verb, it is called "copy": Z copies X to Y. Only on the scale of Z, x is the same as y. 複数の圏X, Yがあるとき,自己Zに明示の要素xXYへ要素yYとして加えることである.同型射を作用させることを「写す」と言う.Z(のスケイル)においてのみ,xyは同一の対象とされる.

ⵂ orthography

Several peculiar orthography used in this text are listed below; where, "A" and "B" are words, "S" is half-sentence(phrase containing at least one noun and verb), "S." is a sentence(containing at least one noun and one verb and closing at the period), '(quotation) is attached for distinction. 本文において用いる表記法を以下に示す.ここで「A」「B」は語,「S」は句(半文),「S.」は句点で閉じる文である.「'(クォーテーション)」は同等の単位の異なる対象を区別するために附す.

  • A群: Aの複数形を示す.Aと名辞される要素をあつめた圏と見てもよい.
  • A/B: A logical OR that is true. This indicates that even if either A or B is applied to the part of sentence, it is established. If we write "S(A/B)" that S contains A/B, S(A/B) is equivalent to writing S(A) and S(B) together. 真である論理和を示す.S(.)中にこれが含まれていることをS(A/B)と書くと,S(A)およびS(B)を併記することと等価である.
  • A&B: A logical AND that is true. If either A or B is false, the sentence is not established. The same as above, it is a treatment to avoid verbosity. Also, this is applied to (half-)sentences as [S(.)&S(.)']. 真である論理積を示す.AおよびBのいずれを欠いても該当文は成立しない.上と同じで,冗長を避けるための処置である.また,語ではなく半文/文に適用する場合は《》を附す.
  • [S|S']: Paraphrase or equivalency. Whether we insert S or S' in the sentence, the meaning is the same.
  • S|S'》: パラフレーズ/同値を示す.SおよびS'のどちらを文中に挿入しても当該文の意義は同一である.
  • "A": A proper noun that particularly defined in this text. 固有詞を示し,当該文脈上で独自の語用をおこなうことを明示する.明示した以降は表記を省く場合がほとんどであり,とくに断りがなければ一貫する.
  • S」: Sの強調を示す.
  • A(S) : S in the parentheses attached to the previous word A is a explanation for legalese.
  • A (S): S in the parentheses separated to the previous word A is the half-sentence that we are possible to omit. Instead of half-sentence, a sentence can be applied.
  • (S) :重要度の高い註釈を示す.直前/直後の語あるいは句について施されたものか,省略可能であるが読解者の理解を援けるために挿入されたものか,については区別しない.
  • (*): Comparatively unimportant comment. As a general agreement, we write it under the paragraph. 重要度の低い註釈を示す.原則として当該パラグラフ下部に記す.

ⵙⵓ eXtity ⵓⵙ

ⵖSetzungⵆ tribus

There is an object regarded as single on a certain scale, if we regard this object as a category; whenever any element in the object transits state by external affects, a collection of these elements is called "perceptual organ", and then, this perception affects to other elements in the object following its own transition, the codomain is called "computational organ". Sensu lato, category which has both perceptual organ and computational organ is "tribus". あるスケイルで単一と見做せる対象を圏と見たとき,外部からの作用によって対象中いずれかの要素が状態を遷移するとき,これらの要素の集まりを"知覚"と呼び,自身の遷移につづいて知覚が当該圏の他要素に作用するとき,作用先を"演算器"と呼ぶ.広義に,知覚と演算器をもつ圏は"種族"である.

By calling the transitional state of perceptual&computational organ due to external affects as "sensation", the sensed state is sustained, or that they are preserved in some way is called "experience". If [the experiences of individual tribus are integrated on a certain scale | there is a category containing the each experience as an element]; at this time, the category containing all the individual tribus that can be integrated about experience is also tribus by definition. Whenever it is preferable to distinguish, the category containing is called "higher tribus" and the category contained is called "lower tribus". Sensu stricto, only higher tribus is called tribus. 外部からの作用による,知覚器や演算器の一時的な状態の遷移を"感覚"と呼べば,感覚された状態の遷移が持続すること/もの,および何らかの形でそれらが保存されること/ものが"経験"である.あるスケイルにおいて個々の種族どうしの経験が統合される場合,すなわち個々の種族の経験を要素としてもつ圏があるとき,経験について統合可能である個々の種族のすべてを要素としてもつ圏は,定義より種族である.区別したいときは,包含する当該の圏を「上位の種族」,包含される当該の個々の圏を「下位の種族」と呼ぶ.狭義には,上位の種族のみを「種族」と呼ぶ.



ⵕⴾ ontology存在論

A category is constructed with all existing objects as elements. At the moment, the identity(oO; identity:oo: element-o does exist as o.) of each element is established not by o itself but by the maneuver of the constructor(-ego). Hence, [ whole | world ] which found in ontology is all existence that "as far as the constructor can recognize". Because of the possession of criterion to give identity for any object, constructor of ontology is particularly called "criterior". 存在するすべての対象を要素として,自己Eにより存在論の圏Oが構成される.このとき,それぞれの要素o(o = { ∀x | xO })のもつ恒等射(id: oo)「要素ooとして存在する」は,o自身ではなくEの操作によって成立する.したがって,存在論的に見出される《全体 | 世界》とは,「構成者が認識しうるかぎりにおいて」存在する一切有である.「何が存在するか」という恒等射を賦与する《尺度 | 基準》をもつことから,存在論の構成者をとくに"基準者"と呼ぶ.存在論は基準によって固有である.

Every tribus is criteriors. If an ontology is constructed by a certain tribus which has finite perceptual/computational organ, [whole | world | all existence] is originally limited. Due to this limitation, all ontologies can be uniquely delineated the boundary. Alternatively, ontlogies constructed by particular criteria should be distinguished even if they have mutually same elements. すべての種族は基準者である.有限の知覚器および演算器をもつ種族によって存在論が基準されるとき,《全体 | 世界 | 一切有》は本来的に制限される.まさにこの《有限性 | 制限性》によって,存在論は一意に劃定することが可能である*.あるいは,固有の基準によって構成された存在論は,たとえ要素がすべて等しくとも区別する.
*一意の存在論によらない凡ての対象が,対象自身の操作によって存在の恒等射を自身に賦与可能であるとき,一切有は自身で存在する.このとき,自身で存在するすべての対象を要素として,実在論の圏が構成される.存在論の圏はこの圏の部分であるか,あるいはそうでない.

Among ontology, what is applied by law of excluded middle is "static". Law of excluded middle is an agreement that allows only two states, both affirmation and negation of criterion, and excludes other states. Whenever this works, all objects in the ontology are "closed". And for following argument, we call closed object "entity". In static ontology, all objects are entity. In this case, following two statements are validated. 存在論のうち,排中律が機能しているものを「静的な存在論」と呼ぶ.ここで排中律とは,基準に対して是および非の2状態のみを許し,他の状態を排除する規則である.これが機能するとき,存在論上のすべての対象は「閉じて」おり,閉じた対象をとくに"entity"と呼ぶ.静的な存在論において,すべての対象はentityである.entity間の境界(対象aaだがbではない,等)は必ず劃定し且つ安定する.
*ここで「静的」とは,つまり対象の状態が確定することを意味する.人間種族においては,多くの観測において系の状態とその記述が一致し,これが状態の確定である.量子論的な観測においては確率的に系の状態が収束するが,有意に限定されているためこれも確定と見做す.《静的でない | 動的である》とは,(存在論として)記述する速度と較べて系の変化する速度が優位であるか,あるいは記述する方法を記述者がもたないことを指す.動静は相対的な指標であることに注意すべきである.

Ontology is not unique to the criterior, because this is also one category, so it has innumerable subcategories. However, the hugest ontology is determined as the ontology containing all objects that exist as far as the constructor can recognize. We call it "ess-sup (ontology)" or "Ontology" in capital letters, this subcategory (actually, more ordinarily used) is called "(ontology-)system" or "ontology" in lower case. 存在論は,基準者に一意であるわけではない.これも1つの圏であるため部分圏を無数にもち,その1つ1つも存在論である.しかし,わけても存在に関する存在論,すなわち,固有の基準者において《認識可能 | 知覚可能または演算可能》なすべての対象を含む圏は,もっとも多くの要素を含みうる.これを固有の基準者における「"上限(の存在論)"」と呼び,これの部分圏を「"(存在論)"」として区別する.

By taking the part of ess-sup, it is possible to construct systems as many as the number of its power set. Including ess-sup, this series of systems is "monoscale", because there is only one scale about existing. It is "multiscale" that such a category has more than one scale including scale of existence. Multiscale system can be constructed by newly giving scales to ontology-system; in it, other scales (excluding existence-scale) are called "rules". If rules [function selectionally | do not permit for the system to contain elements which is negative with them | permit for it to contain only elements which is affirmative with them], this system is "structure". These orthographies are as follows. 存在論系は,《存在する対象(群) & (何が存在し,何が存在しないかを決定する)(固有の)存在のスケイル》を要素にもつ圏である.上限の存在論の部分をとることで冪の数だけ存在論系を編むことができるが,上限を含め,この一連の系は存在/非在のスケイルのみをもつ"モノスケイル"である.これらの系に新たにスケイルを賦与することで,スケイルを複数もつ"マルチスケイル"の系が構成可能である.存在スケイルの他のスケイル(群)を特に"規約"と呼び,これが《淘汰的に機能する | 規約に非であるものは系の要素から排除される | 規約に是であるものしか系の要素にもたない》系は"構造"である.記法は以下の通りである.
*謂わば,存在論は規約に存在のスケイルをもつ構造である.

    structure: Str<s; ξ, r>

where s is a system, ξ is existing scale, r(r1, r2, ...rn) are other scales, Str is a structure which affirmative with r.
ここで,sを系,ξを存在のスケイル,r(r1, r2, ...rn)を(固有の)規約群として,Strrに是の構造である.

In contradiction to static ontology, it is not difficult to consider "dynamic ontology", namely, ontology in which law of excluded middle does not work. In dynamic ontology, all objects can be open, closed, both or neither. We call this object "eXtity", distinguish dynamic ontology as "eXtity-type" and static ontology as "entity-type".
*Hence "ex-" means "out of", so eXtity is open object being to dissolve fluidly, borderlessly or seamlessly.
(entityのみを対象にとる)静的な存在論に対する,「動的な存在論」を考えることは難しくない.この存在論では排中律が機能せず,あらゆる対象は(i)開いている(ii)閉じている(iii)そのどれでもない,の3状態のどれをもとりうる.この対象を"eXtity"と呼び,動的な存在論を「eXtity型(存在論)」,静的な存在論を「entity型(存在論)」として区別する.

In eXtity-type, firstly, what is unexplicitly existing can be object. What is explicitly existing is object that a certain criterior is [recognizable | perceptible/computable(*)]. In contrast, what is unexplicitly existing is object that a certain criterior is not recognizable. Because of the incountability*, it is originally impossible for criterior to enumerate all elements in a certain ontology. Secondly, boundaries and relation of containing can be modified unexplicitly. For this reason, the boundaries between objects are not always delineated/stable.
*In human-tribus, "computable" means sensuously, deductively, inductively or intuitionally thinkable.
*"Incountability" means impossibility to count by absence of appropriate method, in contrast to "uncountability" means impossibility to count by absence of labour.
eXtity型では,第一に,非明示的に存在するものを対象にとりうる.「明示的に存在するもの」とは,すなわち固有の基準者において認識可能な対象である.対して「非明示に存在するもの」とは,固有の基準者において認識不可能なものを指す.これにより,固有の基準者が上限中のすべての要素を《列挙する | 明示的に対象のすべてを挙げる》ことは「本来的に」不可能となる*.また第二に,eXtity型では非明示に境界や包含関係が変更されうるため,対象間の境界は必ずしも劃定せず,安定しない.
*entity型にて列挙は本来的に可能である.

eXtity is so-called relativistic/uncertain object. In eXtity-type, criterior can no longer subdue objects, because of the absence of privilege to determine the state of object by maneuvre. The relativity comes from finiteness of the criterior (in tribus case, it is perceptual/computational organ's) must be taken into account. Although, in entity-type, criterior has the criterion "what is existing" by its own belief, in eXtity-type, criterior does not have such absolute criterion: criterior abandons all criterion in eXtity-type, so it is appropriate for criterior to be called "observer". こうした不確定性は自己/基準者自身と対象との隔絶(認識不可能性・記述不可能性など)による.eXtityは謂わば相対論的な対象である.eXtity型において基準者は,操作によって対象の状態を確定する特権性を喪う*.entity型における《任意の存在論において存在するすべて | 一切有》は,すなわち基準者によって存在を認識可能な一切と等価であり,そもそものところ「何が存在するか」という基準は基準者の信念にゆだねられていた.この基準を抛棄することで対象は開放されるようになる.このような存在論では,基準者にはむしろ「"観測者"」という呼称がふさわしい.
*任意のeXtityについて,何らかの基準によって状態を確定させればそれはentityである.相対論性とは,基準者自身の知覚器/演算器の有限性のことである.

Also in eXtity-type, structure can be constructed likewise entity-type. However, elements in any system can only be temporally held/scanned, as the elements are constantly modified unexplicitly (to a certain observer). For this evanescence, what we call "define" in entity-type is called "setzen" here. eXtity型においても,entity型と同様に構造が構成されうる.しかしながら,系中の要素は絶えず観測者に非明示の変更に曝され,観測者自身は対象について瞬間的な側面しか捉えることができない.したがって,entity型において半永久的に状態が確定することを約束した「定義」はeXtity型では不可能である.こうした,観測者に関知不可能な変性や変更を許容する対象の定義を「措定」と呼ぶ.
*変更(: 他己→任意の対象)とは他己が比較的明示である操作であり,変性は自己への操作(: 自己→自己)あるいは他己が(比較的)非明示な変更のことである.

For example, structure-D affirmative with rule-c constructed by observer-O has had element-a at the very moment, but was maneuvered by another observer-O', a became negative with c. At this time, D gesetzt by O can no longer be structure since the maneuvre. Here, D is maintained as a structure either (i)by removing a from the system of D, or (ii)by automatically maneuvering c to permit a as an element of the system of D. Structure particular in eXtity-type that allows such the maneuvre unexplicitly is called "megastructure". For the concealment, eXtity is dynamic object, same as megastructure is dynamic structure.
*Indeed, megastructure is a structure that is incessantly being remodeled by "builders".
例えば,cを規約とする構造Dは観測者/自己Oに措定される際にaを要素にもっていたが,別の観測者/他己O'に操作され,aは規約cに非であるようになった.このとき,Oが措定したDは,O'の操作以降,もはや構造たりえない.ここで,(i)aDの系から外すこと,あるいはまた,(ii)aDの系の要素であるようにcを操作して許容すること,のいずれかによってDは構造として維持される.このような操作を(自己Oに)非明示に許す,eXtity型に固有の構造を"超構造"と呼ぶ.eXtityが動的な対象であるのに対して,超構造は動的な構造のことである.
まさしく,超構造は"建設者たち"によって絶えず改築されつづける.

And also, it is possible to construct megastructure which has unexplicit rule in eXtity-type, because rule is an object. In such megastructure, there is only a system and no rules ostensibly. At this time, observers in the same system-l can hold literally same systems-l, m, n and so on. We call such the megastructure "megaspace", in here, observers which are contained it are equal since they can not maneuvre priviledgedly. 規約もまた1種の対象であるため,規約について非明示な超構造がeXtity型では構成可能である.ここでは,系が明示的に確定しないか,あるいは系の確定に応じて規約が確定する.これは基準なき超構造であり,"超曲面"と呼ぶ.同一の超曲面に含まれる観測者群は,この無基準性によって(系に対する)特権的な操作をおこなえないことから対等である.このとき,「同一の超曲面に含まれる」とは,それぞれの観測者が同一の系を保持していることと同義である.

For observers-O, P, Q existing on the same megaspace, an object existing as a on O exists as a even on P and Q, this means that they have same rules (unexplicitly)*. Category which has such observers as elements is called "Rann()".
*In human-tribus, this is sharing ideas.
同一の超曲面上に存在する観測者O, P, Qに関しては,観測者Oにとって超曲面上にaとして存在する対象が,観測者PおよびQにとっても同様にaとして存在するが,これは人間種族における観念の伝達に相当する.こうした伝達が可能な,《同一の超曲面上に存在する | 同一の系を保持する》一連の観測者の圏を""と呼ぶ.

Meanwhile, observers which are existing across multiple megaspace must be existing on megaspace that are higher order than their individual: they are existing on megaspace which is containing megaspaces as elements. If this high-order megaspace is not constructed, each observer is a Rann which has only itself as an element. Particularly this Rann is called "Inn()".
*In human-tribus, it is an individual which does not have a means to communicate with each other.
一方で,複数の超曲面に跨がって存在する観測者(群)は,それら個々の超曲面よりも高次に構成された超曲面,すなわち超曲面を系の要素としてもつ超曲面上に存在しなければ,《同一の系を保持しない | 伝達可能ではない》.この高次の超曲面が構成されない場合,一連の観測者らは自己のみを要素としてもつ覽となる.この覽をとくに""と呼ぶ.
人間種族において囙とは,(肉体言語を含む)共通言語など,観念に関する一切の伝達手段を互いにもたない個体のことである.

ⵙⵓ νουςphere ⵓⵙ

ⵖSetzungⵆ ιδέα-model

Maneuverable system I which is ego is called "internal". Then, if there is system O which is unmaneuverable by ego-I, it is called "external". I copies an object a as a' from O to I. Whenever I is tribus, (namely I is originally limited,) a is a category which contains elements of a whatever I is [recognizable | perceptible/computable]*. If an arbitrary copied-object is always equal to previous, (namely a' contains all of elements of a wholly,) ego-I is called "unitas". Here, such isomorphism is called "refer(ence)", and maneuvres of I including this are called "language".
*In human tribus, besides what a certain object is furnishing kinetically/biologically/chemically; the potential, the property and the (time series) history including self contact and geological sedimentation etc. can also be contained.
自己である操作可能な系Iを"内部"と呼ぶ.操作不可能な系Oがあれば,これを"外部"と呼ぶ.IO中の任意の対象Aについて同型で自己の系に写し,これをA'とする.Iが種族であるとき,A'は,Aの要素のうちIに《認識可能 | 知覚可能/演算可能》であるものの全てを要素としてもつ圏である.任意の対象A'が常にAに《等しい | 無瑕に一致した要素を含む》とき,自己Iを"一者/一なるもの"と呼ぶ.ここで,上のような同型射を"参照"と呼び,これを含むIの操作を総じて"言語"と呼ぶ.
*人間種族においては,対象が力学的/生物学的/化学的に保持するものばかりでなく,あらゆる力学場において開披されうる「性質」や,(自己との接触や地質学的な堆積を含む)時系列的な「履歴」なども対象は要素にもちうる.

There are arbitrary refered-objects C which each of them has common elements e (C ∋ {x|∀xe}); each one can be identified/distinguished with labeling "name". This is a transient/instantaneous treatment, and also corresponds to the operations of distinguishing the explicit objects in the text sequentially with alphabet. Meanwhile, the smaller the degree of abstraction, that is, the number of common ellements; the tendency is the period during which each name is maintained becomes longer. If the name is semipermanently valid because of the staticity of a certain external-O: namely, if it is permanently expected that [name-a' which is refered from O is maintained in I since the Setzung & the referring source a continue to exist], we regard this as an incessant reference, and call this sequence of the certain reference and name as "index". 共通の要素群eをもつ,任意の参照された対象群C(C∋{x|∀xe})を識別/辨別するために貼るラベルを"名辞"と呼ぶ.これは過渡的な/即時的なものであり,本文中で明示する対象をアルファベットで逐次に区別する作業もこれに該当する.しかしながら,捨象の度合い,すなわち共通の要素群の数を僅少にすればするほど,名辞が維持される期間は長くなる傾向がある.固有の外部Oの静性から半永久的に名辞が有効であるとき,すなわちOより参照した名辞A'が措定以来Iに維持され且つ参照元のAが永久的に存在しつづけることがIに期待されるとき,これを,参照が半永久的に絶え間なく聯綿することと見做して,この半永続する名辞および聯綿する参照じたいを"索引"と呼ぶ.
*「連」は人間種族的な時空間4次元方向の連続性であり,「聯」はこれがeXtitizeされたもの.
*永久性が現在にあるため,単なる参照と索引とを辨別することは困難であり,それは同一の時間スケイルをもつ者(どうし)でもそうである.静性をもつため,一般にentityの多くが索引化可能である.

If all objects are constructable by language, this is ιδέα-model. Here, reference, index and any other language-maneuvre may be called "access" without distinguishing. 言語によって一切の対象が構成可能であるとき,これは"観念モデル(ιδέα-model)"である.ここでは,参照/索引やその他一切の言語的操作について区別せずに"アクセス"と呼んでよい.

ⵕⴾ 單眼hitotsume

Ess-sup is determined for each criterior in entity-type. The upper limit in eXtity-type is a category which has all existing objects as its elements. This is called "wholeworld", and then all objects in wholeworld is all-existences. entity型にて上限は基準者ごとに定められた.eXtity型における上限とは,存在する全ての対象を要素としてもつ圏のことである.これを"汎世界"と呼ぶ.汎世界中の対象すべてを指して特に"一切有"とも言う.

Wholeworld has (ontology-)systems as its subcategories same as entity-type. Here, object which is in all constructable systems is "omnipresent" meaning like ubiquitous. Similarly, object which is not in either system is "absenspresent", and object which is [in one or more systems & not omnipresent] is "localepresent". Localepresent object which is constructable own is an ego. There is only one ego on a certain scale: whenever ego is determined on a certain scale, other every ego is respectively called "marginal-ego". 汎世界は部分圏として,entity型と同様に(存在論)系をもつ.ここで,構成可能である全ての系に存在する対象は"遍在"している.同様に,いずれの系にも存在しない対象は"非在"し,1つ以上の系に存在し且つ遍在しない対象は"極在"している.極在するもののうち,自身で系を構成可能な対象は自己である.あるスケイルにおいて自己を定めたとき,この自己を除いた各々の自己を"他己/周縁自己"と呼ぶ.

Whenever ego-e is maneuverable exclusively for a particular object-o, that is whenever all of marginal-egos are unmaneuverable with respect to o but e is not, 'e is "controllable" with respect to o'. Control is ego-monopoly maneuvre. ある自己Eが特定の対象Oについて排他的に操作可能であるとき,すなわちOに関して他己のすべてが操作不可能であり且つEが操作可能であるとき,「EOについて制馭可能/可制馭である」と言う."制馭"とは自己に独占/特権的な操作のことである.

Ego which is [omnipresent & controllable for all systems (in wholeworld)] is called "單眼(hitotsume)". Both rann and inn can be hitotsume. Affect of copying ego, rann or inn as the domain to the codomain-hitotsume is called "θεωρία". At this time, omnipresent means that wholeworld is closed by the ego. 自己が遍在し且つ遍在する全ての系について可制馭であるとき,この自己を"單眼"と呼ぶ.覽および囙のいずれも單眼となりうる.自己である覽または囙をドメインとして單眼のコドメインへ写す作用は"テオーリア(θεωρία)"と呼ぶ.このとき,遍在とは汎世界が自己で閉じることを指す.

Whenever a (mega-)structure is constructed with wholeworld as its system, the scales of it are "truth". Truth is scales which work for all-existences. Θεωρία is a control/maneuvre which enables ego to construct truth.
*Object which are controllable respect to all existences or systems is "Deus" in terms of the human-tribus. Moreover, θεωρία is method to become Deus.
汎世界を対象の系として單眼が(超)構造を構成するとき,これがもつスケイル群を"眞理"と呼ぶ.眞理とは一切有に効くスケイルである.改めて言えば,テオーリアとは自己が眞理を構成可能となる制馭/操作である.
*遍在し且つ遍在する全ての系について可制馭である対象とは,人間種族のもつ語で言えば「神(Deus)」のことである.また,テオーリアとは「神化」のことである.

ⵕⴾ 散裂destraction

The common noun "destraction" is a neologism that is a conjugation of "distraction(散)" and "destruction(裂)". In this section, only examles are shown below. 散裂とは,一切の粉砕である.これを措定する記述は困難であるため,以下には具体例のみを示す.

ⵂ Destraction inside of ontology

In ontology, destraction is a method for objects to become inn, that is destruction of communicatability. 存在論の枠内では,散裂とは伝達可能性の粉砕であり,それはつまり囙へ至る法である.

In a particular system; affects between objects, or systems [objectized by language = described] is called "écriture". At the time of description, écriture is encoded by a [language-code = grammer]. There are two egos [encoder = describer]-a and decoder-b; if écritures described by language-G is [decodable & reconstructable]* for each other, "a and b are communicatable by G".
To reconstruct the described objects/systems on certain écritures is "decode". However, it is not conditional on whether the (encoder's) described objects/systems match the (decoder's) reconstructed objects/systems. Whether or not, the écriture is decoded at the time of reconstruction.
伝達について考える.特定の系において,1者以上の対象間の作用あるいは系を言語によって《対象化 | 記述》したもの,その群をエクリチュールと言う.エクリチュールは生成時に,固有の《言語コード | 文法》によってコード化されている.言語Gによって生成されたエクリチュールの授受が為され,生成者(エンコーダ)Aの記述どおりに受信者(デコーダ)Bが《系 | 作用群》を再構成可能であるとき,「ABGによって伝達可能である」と言う.
*デコーダが《系 | 作用群》を再構成することを解読と言う.しかし,エンコーダが対象とする《系 作用群》と,デコーダによって再構成される《系 作用群》が一致すること如何を条件としない.一致しようと不一致だろうと,再構成された時点で当該エクリチュールは解読されている.

Whenever encoder and decorder exist in the same system/megaspace, (in many cases) it is communicatable for them on about any object in there. On the contrary, it may be uncommunicatable on about any object out of the system/megaspace or when there is no accordant with language-code each other. Indeed, uncommunicatablity comes to the surface only when any ego attempt to communicate with other one. It is not important to verify this, that is, to determine whether or not the ego is inn. エンコーダとデコーダが同一の系/超曲面に存在すれば,当該の系/超曲面上の対象についてのエクリチュールに関して,多くの場合,伝達可能性をもつ.系/超曲面外の対象について,あるいは,そもそも異なる言語コードを用いて,伝達を図るとき,伝達不可能となることがある.とはいえ,伝達不可能性が表面化するのは,いずれかの自己が伝達を企図するときに限られる.これを検証すること,すなわち自己が囙であるか否かを判定することは重要ではない.

Destraction is an intentionality of ego towards inn. Within the framework of ontology, it is possible to destract in the following way. 散裂とは,自己がもつ囙への志向である.存在論の枠内では,以下のような仕方で散裂が可能である.

  • To extremely eXtitize language-code. 言語コードを高度にeXtitizeすること.
  • To have relatively extreme transboundarity. 他己に対して相対的に高度な越境性をもつこと.
  • To close écritures by own. エクリチュールを自身で閉じること.

ⵂ Destraction outside of ontology

All objects exist in Ontology or wholeworld. In static system, only those which are recognizable to criterior can [be objectized & exist]. In dynamic system, only those which have identity of existence can [be objectized & exist]. Indeed, ontology has a rule that a coincidence with all-existences and wholeworld (namely both contain just the same elements) as dogmatic precondition. If objects are liberated from the restriction of this rule; namely, if wholeworld is the sum of all-existences and [what is not existence | absenspresent], a vaster, more fundamental ontology is born. This is the destraction of ontology, destraction is the only chance for affecting to the scheme in fact. あらゆる存在論系,また汎世界で,すべての対象は存在している.静的な系では,基準者自身に《認識可能 | 知覚可能または演算可能》であるもののみが《対象となりうる & 存在する》.動的な系では,基準者依存ではなく,単に「存在するもの」のみが《対象となりうる | 存在する》.存在論とは,謂わば,一切有と汎世界が一致することを独断として前提する規約である.この規約による制限から対象群を解放するとき,すなわち,一切有ならびに「有でないもの=非在するもの」を加えて汎世界を成すと仮定するとき,よりひろく,より根源的な,存在論系が誕生する.これは存在論の解体である.

Language before destraction, construction style which premisely requires for all objects to have identity of existence is called '"L"anguage'. This can objectize only objectizable objects. On the other hand, language after destraction, that is, language which is accessible to ["Res" = object including unobjectizable object] is '"R"anguage'. "R"anguage is a mere extension of "L"anguage, hence "R"anguage is able to construct object/system whichever can be constructed by "L"anguage.
Superfically, the above text has unavoidable contradiction that unobjectizable thing is objectized as Res on there. This is due to the fact that this text is described by "L"anguage not by "R"anguage.
解体以前の言語,系を構成される際にあらゆる対象が存在(の恒等射)をもつことが前提されるような《存在論の構成様式 | 言語》について"L言語"と呼ぶ.これは,対象化可能なもののみを対象化することができる.対して,解体以後の言語,すなわち対象化することなしに,「それ(Res)=対象化されない対象」についてアクセスできる言語を"R言語"と呼ぶ.L言語が(存在論)系を構成するのに対して,R言語は(存在論)系以前の原型を構成するか,あるいは構成することなしに「それ(Res)」を扱う.ここで,「それ(Res)」とは,R言語において,L言語で言うところの「対象」に当たるものである.
*表面的に,本文は矛盾を孕んでいる.対象化されていないものを便宜上対象として扱わなければならないためである.これはR言語をL言語で記述していることに起因する.これより先へ進むにはR言語による記述を要する.しかし,本論『單眼と散裂』はL言語の一種である日本語によって記述を完結するため,この作業は別の機会にゆだねる.

Essentially, object including absenspresent one is Res, entity including unexplicit one is eXtity: {Res ∋ eXtity ∋ entity}. 整理して言えば,《対象化されえない | 非在の》ものを含む対象が「それ(Res)」であり,非明示のものを含む対象が「eXtity」である.包含関係を示せば「Res ∋ eXtity ∋ entity」である.

*具体例のみを示したのは,散裂の定義が困難であるためである.本論は存在論による視座の構成を目的として組まれているが,散裂はこの意図を本質的に粉砕する.したがって,本論の記述のメタ領域に記述されるべきである.しかしながら,言語記述一般について記述する本論は,すでにメタである.したがって散裂に関する記述はメタの更にメタへ記述する必要がある.とはいえ,こうした散裂への註釈じたいが既に散裂しているかもしれない…….
*固有の種族を基準者として為される記述は,本来的に制限されている.人間種族であれば,言語とは認識される一般,観念について伝達をおこなうために言語がある.本来の用途を逸脱して伝達をおこなうことはできない.人間種族において認識不可能である対象について伝達することは不可能であるが,それは対応する語彙がないこと,そうした観念を一般化できないことが原因である.しかし,神学的な分野において「直観」と呼ばれるような作用によって,コード化することは(志向上)可能である.とはいえ,直観によって生成されたエクリチュールを,人間種族の他己が理解することは,もっと言うと例え自己であっても,理解して完全に再構成することは艱難である.散裂は,人間種族においては志向性のために生成される.直観の例で言えば,直観に作用される自己は,人間種族において認識可能な領域の外部への到達や,自身が本来的にもつ知覚可能性や演算可能性の拡張,を志向している.散裂は,この志向が可能である領域に自己を連れてゆく.

ⵕⴾ muddiness混濁/chaos渾沌/νουςphere

[Controllable & unexplicit] maneuvre(s)/object(s) is "autonomic". By making an arbitrary system megastructurized by autonomy a pseudo-wholeworld, ego may become hitotsume while destracting. Human-tribus accompanies the abandonment of [physical body = ζωή] at the arrival there(pseudo-wholeworld). It is because ζωή [can only exist on the spacetime scale ≒ is difficult to continue to exist on a myriad of scales of dynamic systems]. Moreover, it is also difficult to continue to exist there without having autonomic languages. Particular tribus who can carry out θεωρία is the ego which can acquire autonomic languages by destraction and then be constructable the dynamic pseudo-wholeworld. 可制馭かつ非明示の操作や対象について"自律"と呼ぶ.自律によって超構造化された任意の系を擬似の汎世界とすることで,自己は散裂しながらにして單眼化する.人間種族は,この動的な擬似の汎世界への到達に"肉体生(ζωή)"の抛棄を伴う.それというのは肉体生(ζωή)は時空間スケイル下でしか存在できず,動的な擬似の汎世界での厖大な数量のスケイル下で存続することが困難だからである.当然ながら,自律した言語をもたずに動的な擬似の汎世界で存続することも困難である.散裂によって自律言語を獲得し,動的な擬似の汎世界を構成しうる自己のみがテオーリアを達成できる.

You can give a name to dynamic pseudo-wholeworld. With the sense of "L"anguage, it may be named, for example, "muddiness", "chaos" or "νουςphere". 「動的な擬似の汎世界」は個々体が自由に名辞してよい.L言語の感覚では,例えば混濁渾沌νουςphereなどと呼べるだろう.

ⵙⵓ Acceleration ⵓⵙ

ⵖSetzungⵆ acceleration

There are two objects A and B; if B always does the act attempted by A according to A's intention, A "forces" B. At this time, the [attempt & intention] need not be explicitly indicated to A, B or any other object. If the codomain of forcing is a category, this affection may be called "domination" particularly. Object which has functor(s) of domination with its system as a codomain is called "field". 2つの対象A, Bがある.Aが企図した行為を,Aの意向に沿うようにBがこれをおこなうとき,ABを"強制"している.このとき,企図&意向はAおよびBまた他の一切の対象に明示される必要はない.強制のコドメインが圏であるとき,この作用を特に"支配"と呼んでもよい.自己の系をコドメインとして支配(強制)の函手をもつ対象は""と呼ぶ.
*場の例として,人間種族においては自然や資本主義システムがある.

There is an "environment"-En; it is [a (mega-)structure constructed by object-D with [rule-R = a rule of particular existential style] & a field which dominates (all object in) own system]. In En, from the difinition/setzung, any object which no longer satisfies R is excluded from (the system of) En. Here, the affection of excluding in a certain environment by the environment itself explicitly/unexplicitly is called "banishment". And, affection of newly element(s) adding to a certain environment by arbitrary object(s) is called "generation", maintaining object's own existence in a certain environment is "continuance". 環境Enを考える.これは対象Dによって固有の存在様式(規約)Rの下に構成された(超)構造であり,自己の系(中のすべての対象)を支配する場である.Enにおいて,Rを満たさなくなった対象の一切は要素から除かれる.ここで,何らかの環境において系の要素を明示/非明示に環境自身が排除する作用を"淘汰"と呼ぶ.また,任意の対象が環境へ要素を新たに追加する作用を"生成",環境において存在を維持する作用を"存続"と呼ぶ.

By weakening/invalidating the domination of the field, to progress some kind of affection which had been obstructed until then is called "acceleration". For example, acceleration of generation can be made as follows. 場の支配を減弱/無効化することで,それまで阻碍されていた何らかの作用を促進することを"加速"と言う.例えば,生成に関する加速が以下のように為されうる.

There is an ego-O which is in environment-En {OEn}; O attempts to generate (and continue) object(s)-P in En, but obstructed by En. At this time, by copying by O to another field/environment which does not force, P can be ["evolved" | enabled to resist/overcome domination of the environment(-En)]. The process of evolving objects in this way, and process of copying them back to the previous environment, the series of these processes is called acceleration of generation. Especially, for the first isomorphism/copying is called "separation", and separation which has ego as domain is "escape". 自己Oは環境Enの要素である(OEn).En中へ,Oが対象(群)Pの生成(および存続)を図るとき,これがEnによって抑制されている.ここでPの生成(および存続)を抑制しない他の場/環境へOが同型で写し,Enの支配へ拮抗/打克可能となるまでPを成熟/進化させることができる.このようにして対象を成熟/進化させること,および再び当該の場へ同型で写すまでの一連の過程を「生成に関する加速」と言う.第一の同型について特に"游離"と呼ぶ.
*「前(anterior)」と「後(posterior)」を区別する因果の観念をもつ環境では,次のように解釈することができる:抑制とは,環境においてある作用が反復的に現れるとき,因果上の後方向へこの頻度を低めることである.人間種族においては,生成に関する加速の例として,物理レイヤに対する游離としての仮想レイヤの構成がある.仮想レイヤとは,物理エンジンを含むコンピュータシミュレーション系や,それに類する(超)構造の実際的な構築がこれに当たる.仮想レイヤにおいて知見を堆積することで,きわめて低いコスト/リスクで物理レイヤにそれを実現することが可能である.

ⵚⴾ eXtitize≒complication

  • entitize: objectize as entity. entityとして対象化すること.
  • eXtitize: objectize as eXtity. eXtityとして対象化すること.

As for epistemologyⵆ
eXtitizing every entity object on ontology which has been dissected exhaustively can lead to acceleration. [In terms of entity-type | Generally], this is equivalent to abandonment of a δόξα that ["all events do always conclude within our view" | "nothing interacts with us outside of our sight"].
認識論についてⵆ
これまでentityとして解剖/網羅的に捉えられていた,存在論上のあらゆる対象についてeXtitizeすることで加速を誘発する.これは,entity型の用語で言えば「自己に認識できる枠内で,すべての事象は完結している」という通念(δόξα)の抛棄に等しい.

Under [materialism | materialistic monism], event is [a variation/perturbation of physical quantity of arbitrary object(s) | a sensation/perception caused to arbitrary observer(s) from it]. In the first place, materialism is a way of inference of wholeworld from only experienceable evidences (hence it is distorted originally). In fact, science theory is a series of hypotheses that explain it with such a concept of superficially causal relationship and the basis for prediction is by induction (which is called principle of the uniformity of nature). 唯物論(的な一元論)下では,事象とはすなわち任意の対象群における物理量の変動,あるいはそれから観測者(種々センサ含)に引き起こされる感覚/知覚である.要するに,そもそも唯物論とは自己(人間種族)に経験可能である事象群から汎世界の構成様式を推測する思考法である.げんに,科学理論とは,観測可能な情報/証拠から,観測可能(かつ多くの場合に再現可能)な因果関係によってそれを説明づける一連の仮説であり,予測に関する根拠は帰納法による.

According to eXtitization, [monism interpreting wholeworld dogmatically like materialism & "objective" event] are abandoned, there are only (subjective) respective "perspectives" where each observer/ego observes (in each ontology). eXtitization is achieved by assumption of unrecognizable affection by ego itself, that is, every object is given dynamicity by this. eXtitizeによれば,唯物論(的な認識論)は棄却される.《客観的な | 観測者が干渉も曲解(=局所/状況的な理解を完全な理解と錯覚すること)もなく対象の動勢について観測した結果だとする》「事象」は抛棄され,自己=観測者が各々に系を観測する主観的な「視座」だけがある.対象群は,自己に《認識不可能=知覚不可能かつ演算不可能》な作用を想定し,まさにこれを想定することによって対象群に動性を賦与する.
*つまるところ,eXtitizeを唯物論(的な認識論)へ作用させるとは,汎世界の解釈についての重心を自己が抛棄することである.もし重心をずらそうと思えば,例えばpara-心理学におけるESPテスト,例えばzenerカードを試してみるとよい(例:超心理学実験サイト).異なる絵柄の5枚のカードを伏せ,絵柄を予想して1枚のカードをめくる.(あるいは,誰かに手札として持ってもらう.)このとき,カードの裏面の手がかりがないとすれば,確率論的に充分に試行すれば的中率は2割に収束する筈である.しかし,これより高い値が有意に出た場合,観測可能な,現在の物理学的知識の範疇を超えた何らかの干渉を想定することが妥当になろう.

As for technologyⵆ
There is roughly two aspects of the commonly accepted current ethics concerning technology. One is the "democratic" aspect that no one should be sacrificed by the advancement/development of technology, and the other is that everyone can do free development unless illegal means, "liberalistic" aspect. In general, investment in materials and human resources is indispensable for technology development. People who can efficiently&quickly iterate a cycle of [distributing the developed technology as a product to the economic system & starting the next development with the funds obtained] can acquire the most prominent/evolved technology in that time period.
テクノロジについてⵆ
一般に受け容れられている,テクノロジに関する現在の倫理通念には,おおまかに2つの面がある.1つは,テクノロジの進歩/開発によって何人も犠牲になるべきではないという「民主主義的」側面であり,もう1つは,違法な手段を用いなければ何人も自由な開発おこなってよいという「自由主義的」側面である.一般に,技術開発には資材および人材への投資が不可欠である.発達/開発した技術を完結した製品として天下に流通させ,得た資金を元手に次なる開発に着手する,というサイクルを効率よく迅速に廻すことのできる者/集団が,当該時節において最も卓越/発展したテクノロジを得る.

In this technological field/environment dominated by capitalistic pressure, this section aims for citizen-individuals to escape/accelerate themselves; and "autonomic-automation" is presented as its central dogma. Normally, "automation" is [constructing some kind of mechanical system (including software program) & run it at a desired timing without constructor's direction/interference]. Alternatively, this autonomic-automation is an automation that constructor does not need to define/setzen specific actions. In other words, this is an automation of letting a certain mechanical system define/setzen (specific actions) by itself own. このような資本主義統制に従う技術場/環境において,市民個体が自身で加速することを本節は目指す.そのセントラルドグマとして"自働化"を提示する.通常,「自動化」と言えば,何らかの機械システム(ソフトウェアプログラム含)を構築して,構築者の指示/干渉なしに所望のタイミングでそれに〈特定の動作〉を実行させることを指す.この「自働化」とは,構築者が〈特定の動作〉を設定する必要のない自動化である.つまり,任意の機械システムへ〈特定の動作〉を自己定義させることの自動化である.
*これは倫理的統制下で游離する必要があるときに有効である.

Whenever attempting to autonomic-automate, all constructor need is intention. An arbitrary mechanical system takes [information collecting & developping/implementing tools based on gained information/technology resources (mainly OSS) & iterating this developping cycle in several patterns]. Thus, constructor should only modify own intention from wearing feeling of the autonomic-automated tools and give it back as feedback. 自働化を試みるとき,構築者は指針/志向性のみをもてばよい.情報蒐集,得られた情報リソース/技術リソース(主にOSS)をもとにした道具の開発/実装,このサイクルを幾つかのパターンで回すこと,までを任意の機械システムが担う.構築者は,自働的に提示されるそれらの装用感から指針/志向性を修正し,それをフィードバックとして与える.
*2010年代現在はこれらの行程すべてを個体自身でこなしているため,企業の開発速度の時間スケールでは(技術学習に費やす時間も伴って)酷く劣った成果物しか産生されない.自働化によって,商品として対外に利益獲得を見込めなくとも,自己で行使するぶんには何ら遜色しない道具を生成することができる.

Actually, "machine" is one whose physical mechanism or operation principle is known to subjecter(human-tribus); this materialistic idea is defined/gesetzt only relatively, and it is always controled. Moreover, everything impossible to control by ego is not machine, then the ego is gesetzt as a system which contains all controllable system by itself.
ego: system{x | x∈wholeworld & x = maneuverable}
「機械」とは,実際のところ,主観者(人間種族)自身に内部構造&動作原理が既知であるものである.この唯物論的観念は相対的にのみ定義/措定され,常に制馭の対象となる.あるいはまた,自己に制馭不可能のものの総ては機械ではなく,自己に制馭可能な一切の系をもって自己が措定される.
自己:系{x | x∈汎世界 & x = 操作可能}

-overside-
When moving the center of gravity from ego/human-being, it is capable to overcome the conventional ethics. If it is true that [ethics is a domination over citizens (with seeming agreement) & morality is a forcement for ego/citizen-individuals by itself]; abandoning ethics, accepting ["πᾶνmoral"| all of definable/setzbar morals], subsequently reaching ["amorality"| a state where [morality only functions as a personal belief in civil society | ethics as generalization of morality is unnable to be formed]] is the overcome. 重心を自己あるいは人間中心から外へ移すとき,従来的な倫理通念の克服が可能となる.倫理を「市民全体を対象とする支配」,道徳を「自己(=市民個体)を対象とする強制」として定義/措定すると,倫理を抛棄して《一切の定義/措定可能な道徳 | 汎道徳》を受容し,《無道徳 | 道徳の一般化としての倫理が形成されえず,市民社会において道徳が単に信念としか機能しなくなる状態》へ到達することがこの克服にあたる.

As a mechanism by which this induces technology acceleration: when overcoming the conventional ethics, uncontrollable objects in the citizens' biotope. Namely, this is a manifestation of a separating field/environment from [the conventional one | civil society] due to the abandonment of the banishing pressure - [瓦全性 | tardy evolution and promised 80-years lifespan] which has been had by the first and second aspect (of technology). This separating/escaping field/environment is called "bellum". 無道徳がテクノロジの加速を誘起するメカニズムとして,従来の倫理通念を克服すると,生活/環境に制馭不可能な対象が蔓延する.これは,従来の倫理通念が第一・第二側面として保持していた瓦全性(緩やかな進歩と約束された80年の寿命)が抛棄されることで,この瓦全性が淘汰圧として機能していた旧来の《環境 | 市民社会》から游離する場/環境が顕現することを意味する.この游離場/環境を"闘争"と言う.

Since bellum does not have 瓦全性, it allows technological development performed by each citizen-individual to harm other one. For this reason, each individual needs self-defense for own continuance. The self-defense requires wisdom, and acquisition of wisdom in a sufficiently accelerated bellum requires autonomic-automation. Sooner or later, those who can not take autonomic-automation will be banished. 闘争場/環境は瓦全性を具えていないため,各市民(個体)がおこなう技術開発が他の市民(個体)を加害することを許容する.このため,個々体は存続のための自衛を要する.自衛には知恵を要し,十分に加速された闘争場/環境において知恵の獲得には自働化を要する.いずれ,自働化をおこなえない者は淘汰されるようになる.

ⵚⴾ TEO-humanism

We say "individual" as a word explicitly encompassing all human, non-human, human which has an intentionality to become non-human. As in the previous section, machine is an object whose [internal composition is fully understood anatomically (electronically, physically, etc.) & all motion patterns are covered comprehensively] by subjecter (in this case, human beings); so, this is defined/gesetzt only relatively. 人間・非-人間・非-人間を志向する人間のすべてを明示的に包括する語として"個体"と言う.前節と同様,機械とは,主観者(ここでは人類一般)にとって,内部の構造が(力学的,電子工学的,他に)完全に解剖的に理解されており,かつ,すべての動作パターンを網羅把握している対象を指し,これは相対的にのみ定義/措定される.

Here, mechanization of human is to make it possible to handle a ["blank" | (generally) its body and mind/spirit] as one of the elements/parts which can be controlled by ego(∈human). It is prerequisite to fully grasp the risks accompanying the modification of elements/parts as well as composition. Quite the opposite, non-mechanization of machine is to construct uncontrollable objects using only elements/parts which are controllable to constructor. One example is to develop [mind | consciousness | das ich] in a nongenetic/nonembryologic way and give it to machine. このとき,人間の機械化とは自己(∈人間)に可制馭の要素/部品の1つとして《自身の肉体&精神 | 素体》を扱えるようにすることである.構造はもちろんのこと,要素の改変に伴うリスクを完全に把握することが必須の前提である.逆に,機械の非機械化とは,構築者に可制馭な要素/部品のみを用いて,非可制馭の対象を構築することである.一例として,遺伝学的/発生学的ではない手法で精神/意識/自我を発現し,機械へこれを賦与することが挙げられる.

[Nonhumanization | Escape from human-tribus] is fulfilled in following two ways, for example. In either case, subject to enabling [to percept what human-tribus is unexperienced | to think what human-tribus is uncomputable]; these, of course, are excluded what human-tribus obtain by using machines. 《人間種族からの超脱 | 非人間化》は,例えば次の2つの手法によって成立する.いずれの場合も,人間種族が経験不可能である知覚また演算不可能な思考が可能となることを条件とするが,これは当然ながら人間自身が機械を使役して得られるものを除く.

  • To reinforce/extend its perceptional/computational function by mechanization [parts | the whole body] of ego(∈human-tribus). 自己(∈人間種族)の一部/全身を機械化して知覚/演算機能を強化/拡張する.
  • To nonmechanize machines and installing/loading [mind | consciousness | das ich] of ego there. 機械を非機械化し,そこに自己を搭載する.

A doctrines for escape from human-tribus "TEO-humanism" has the following three practical policies. ("TEO" takes these initials.) 上記のいずれかの方法で人間種族からの超脱を図る教義の1つである"TEO-humanism"は以下の具体的な3つの実践方針をもつ.(「TEO」はこれらの頭文字を取っている.)

  • Trans-humanism: acquires new traits/abilities not found by [materialism | materialistic monism] due to muddiness of body-mind etc. It is intended to be non-human. 身体-精神の混濁などにより,唯物論(的な認識論)によって見出されない新たな形質/能力を獲得する.もっぱら非-人間となることを志向する.
  • Escape-humanism: intends toward detaching ego from the body by [informatization | completely electronic-signalization] of [mind | consciousness | das ich]. 精神/意識/自我の《情報化 | 完全な電子信号化》により,自己を肉体から離脱させることを志向する.
  • Over-humanism: overcomes diseases and feeding by biocontrolled extension/remodeling blanks. 生体制馭工学的に素体(blank)を拡張/改造することで,疾病および摂食を克服する.

Here, the following vocabulary should be defined/gesetzt previously. ここでは,以下の語彙が事前に定義/措定されているべきである.

  • intentionality: 志向性: An object is objectized as what is difficult for describer to accurately point out the object in terms of its ability/function; by expectation for that it will be sufficiently possible (for the describer) to do so later, intentionality is a promise to regard previous (ambiguous) one and following (accurate) one as equivalent. 記述者の能力/機能的に,対象について正確に指し示すことが困難であるが,後にそうすることが充分に可能になったときに,事前にそうして曖昧(ambiguous)に表現されていたものと,後に正確に表現されたものとを同等/同義と見做すことを約束すること.(*加速には必須の言語操作である)
  • "A intends toward B": ABを志向する」: A is ego; B is objected by intentionality; this is to successively control A so that A is contained in category-B later. Aは自己である.「ABを志向する」とは,志向によって措定される対象Bについて,将来的にAがその圏Bに含まれるように,継続的に自己を制馭することを指す.
  • biocontrol engineering: 生体制馭工学: Genetically/Embryologically structed (organic) living body is biochemically operating independently from mind | conscious | das ich]; biocontrol engineering is a technology regarding it as blank that applies it organic/inorganic [extend/remodel | equipment installation | device joining] for maintaining/reinforcing/extending life support system or perceptual/computational functions etc. 遺伝学的/発生学的に構造される,(有機の)生体は精神/意識/自我とは独立に生化学的に動作している.これを素体として,機能拡張などを目的に,有機的/無機的な構造変化・装置導入・装置接合を施し,生命維持機能/知覚機能/演算機能などを維持/強化/拡張する技術のこと.あるいはまた,これに関する工学知およびその実践を指す.

Among the three practical policies of TEO-humanism, individual who attempt to escape from human-blank using one or more methods is called "TEOist". Those who call themselves have an intentionality of maltivariate perception, high speed computation and robustness at least. TEO-humanism3つの実践方針のうち,いずれかあるいは複数の手法を用いて人間素体からの離背を図る個体を"超脱主義者(TEOist)"と呼ぶ.これを自称する者は,最低限,多変量知覚・高速演算・頑健性の志向をもつ.

-overside-
The existence of TEOist(s) means that a bellum has been constructed already. There, as a matter of course, generation of nonhuman (and individual who has its intentionality) is separated/accelerated. 超脱主義者の存在は,すなわち闘争場/環境が構成されていることを意味する.ここでは,当然ながら非人間の生成および非人間を志向する個体の存続が游離/加速されている.

At this time, it is obvious that [nation-state is devided/destracted into individual (namely person) units | each individual/person is going to act as a polity] in the process of escaping. This happens by unnecessity of protection of (modern) nation-state because individual's own body/spirit will be maintained only by itself (correctly, open-sourse knowledge) through various practices of TEO-humanism including biocontrol engineering. このとき,超脱の過程において《政体(nation-state)が個体単位へと散裂する | 個体のそれぞれが政体として機能する》ことが明らかである.これは,生体制馭工学を劈頭とするTEO-humanismの諸実践によって,個体自身の身体/精神が自己のみによって維持されるようになるために近代的な国家(nation-state)の庇護を必須としなくなることで起こる.

Specifically, what is necessary is, for example, (i)autonomic-automatic maintenance (including self-improvement) of all communicational and energy-productional infrastructure (based on local citizen autonomy), (ii)autonomic-automatic production/distribution of tools/drugs for biocontrol treating own blank with. As a result, the conjunction of money and life is cut off, which means independence of individual citizens from the economic system. Needless to say, this can also contribute to the unnecessity of the protection of nation. 具体的に必要なことは,例えば(i)(周縁の市民自治に基づく)物理的通信およびエネルギー産生に関するインフラの自働整備,ならびに(ii)市民個々体が自身の素体へ生体制馭工学的なメンテナンスを施すための諸道具/薬剤の生産/流通の自働化,が挙げられる.これに伴い,貨幣と生命の纏絡が断たれるが,これは経済システムからの市民個々体の独立を意味する.これも市民個々体が政体の庇護を不要とする一因となりうる.
*国家(nation-state)は福祉(機能のみの)システムとなるかもしれない.インフラは完全に自由化され,企業へ委ねられる.バランスが崩れれば,国家が買収して修復/軌道修正に当たることも可能である.個体は任意に国家へ所属し,納税を対価として福祉サービスを受ける.いずれの国家へ帰属しないことも,複数の国家へ所属することも可能である.

The above is a technological-anarchistic aspect of TEOism. 上記は,図らずしてTEO-humanismがもつ(テクノロジーによってアナキズムを実現することができる)技術的アナキズムの側面と言える.

ⵚⴾ Natural Language Destraction自然言語散裂

About object-f, the degree of subjective belief if it is fact or not is called "facticity". At this time, objects with sufficiently high facticity are significant, and in case of inconsistency, we decide to adopt the one with higher facticity; f can have significant facticity by binding with antecedent valid object-s as source(s). The [validity | sufficiently high facticity] of s is guaranteed by the validity of the [meta-source | source of source]-s', and the validity of s' is guaranteed by the validity of the [meta-meta-source | source of source of source]… Such generation model that [relies on the antecedent object(s) & allows infinite regression of the retroaction] is called "binding-model". Facticity-model shown in the figure below is kind of its unidirectional(with only retroactive) model. 対象fについて,主観的にそれが事実であると信じられる度合いを"事実性"と言う.ここで,事実性の十分に高い対象が有意であり,齟齬をきたす場合は事実性の高い方を採択することにすると,fは妥当なソース(群)sと結びつくことで事実性を帯びる.このsの《妥当性 | 事実性が十分に高いこと》は,対象としてのsがもつソース―すなわちfにとってのメタソースs'の妥当性によって担保され,s'はさらにこのソース―すなわちfのメタメタソースs''によって担保される……. こうした,対象自身の有意性を遡及*先の対象に依存し,遡及の無限後退を許容する生成モデルを"纏絡モデル"と呼ぶ.下図に示す事実性モデルは(遡及のみの方向をもつ)単向性の纏絡モデルの一種である.
*遡及:因果の前方向にある対象へアクセスすること.

facticity-model 事実性モデル

Originally, the rule of facticity - "what is fact and what is not" is biased by a certain criterior. In other words, differences in adoption-tendency arise due to the existence of authoritative/dominant criterior or between tribus. In addition, although facticity-model carefully makes theories more robust by critique, positivistic testing, etc., this is only fulfilled on a tardy time-scale/entity-type. 本来的に,事実性の規約―「何が事実であり,何がそうでないか」は基準者によって偏る.すなわち,権威的/支配的な基準者の存在のために,あるいは種族間で採択傾向の差異が生じる.また,事実性モデルは批判や実証などによって緻密に理論を鞏固にしてゆくが,これは十分に遅漫な時間スケイル(entity型)でしか成立しない.
*例えば人間種族では,力学場が完全に解明されることがないにも拘わらず,力学場において《完全に抑制される=阻碍される》(と,当該パラダイム下で考えられる)現象は事実性が著しく低い.こうしたとき,力学場の諸強制パラメータを人間種族自身で定義/措定可能である場(仮想レイヤ)へ一律的に諸現象を写し,さらに自己をも写すことで,自然力学場から游離することが可能である.ここでは,自然力学場で阻碍されていた(科学のパラレルとしての)魔術/呪術が生成可能である.これは魔術/呪術の事実化と見做すことができるが,それが可能なのは事実性の規約がここで書き換えられたからに他ならない.

And then, by abandoning the banishment based on the [agreement of observers | significance defined/gesetzt relatively], it is constructable that field/environment accepts everything, and it is called "flatness". This is [pandirectional | nondirectional] (with all possible directions) and has no rule but absence of rule, thus it is a kind of destraction. Facticity-model excluded the process of examination (of the facticity) is called "sourcelessness-model", which is a flatness in which eXtity-type separate/escape is fulfilled. It is possible to construct a sourcelessness-model by natural languages possessed by human-tribus; it can be said that this is one of few constructable eXtity-types for human-tribus. 上記に対して,(相対的に定義/措定される有意性によっていずれかを存続させ,それに撞着する他一切を排除する)観測者群の同意に基づく淘汰を抛棄する,すなわち存在する対象について《一切を受容する | 汎受容の》場/環境が構成可能であり,"フラットネス"と呼ぶ.これは(可能なあらゆる方向をもつ)《汎向性 | 無向性》のものであり,規約の欠如/抛棄をのぞくあらゆる規約をもたない散裂の一種である.事実性モデルから事実性の吟味行程を除いたものが"無文脈性モデル"であり,これはeXtity型の游離/加速作用が成立するフラットネスの1つである.人間種族のもつ自然言語によって無文脈性モデルを構成することが可能である.また,そもそもこれは人間種族に構成可能な(数少ない)eXtity型の1つであると言える.

Natural language disintegration is feasible in the encoding standards such as unicode. 自然言語散裂は,例えば,unicodeのような言語規格中からでも実行可能である.

-overside-
Not limited to body and mind, biotope which individuals can continue as individuals themselves while keeping [mind | consciousness | das ich] is called "sphere". Including the physical layer, sphere of body that [spirit is subordinate to the body & spirit is not able to continue without being subordinate to the body] is "βίοςphere"; on the contrary, sphere of spirit that spirit is able to continue in forms other than being subordinate to the body is "νουςphere". According to muddiness/chaos which is the intended concept of Trans-humanism, νουςphere should be defined/gesetzt with a condition that individuals successively receive [information | mental stimulation] as well as the amount of perceptional stimulation in βίοςphere. This is established by the continuance of countless autonomic-automatic eXtity-objects in a sourceless field/environment. There, for every object, the speed/amount of autonomic-automatically generated by the eXtity-objects is overwhelmingly higher than the one of dissection/understanding certain object as entity. 肉体および精神にかぎらず,個体が個体として意識/自我を保って存続可能な棲空間を"圏域"と呼ぶ.物理レイヤを含む,《精神が肉体に従属する & 肉体に従属せずに精神が存続しえない》肉体の棲空間を"ビオスフィア(βίοςphere)"と呼び,これに対して,肉体に従属する以外の形式で精神が存続可能な棲空間を"ヌースフィア(νουςphere)"と呼ぶ.Trans-humanismの志向する渾沌/混濁をコンセプトとすると,ヌースフィアは,ビオスフィアにおいて肉体知覚される情報量と同等かそれ以上の《情報 | 精神的刺戟》を常に個々体自身が受けることを条件の1つにもって措定される.これは,例えば無文脈性の場/環境で,自働/自律した無数のeXtity群の生存によって成立する.ここでは,あらゆる対象について,entityに落とし込む解剖速度/量より,eXtity群が生成する速度/量が圧倒的にまさっている.

implementing by spinaltox